コーヒーを巡る旅、松尾農園のドリップコーヒーで目覚める朝

休日の朝のコーヒーはより丁寧に。

earthwalkersへのアクセスありがとうございます。当ブログを運営するbobby(@walkonearth)です。

平日は会社に着くなり、インスタントコーヒーを飲んで仕事モードに切り替えるのがルーティーンになっていますが、休日はもっと丁寧にコーヒーを楽しみたい。

僕は今、コーヒー豆の産出国であるインドネシアにて暮らしていますが、それでも、日本から持参するコーヒーがあります。

松尾農園コーヒーのドリップ・バッグ

松尾農園コーヒーは長崎県・松浦市にあるカフェ。

元々は農園を営んでいたそうなのですが、3台目のご主人と奥様がカフェを新たに開店したそうなのです。

老若男女が集うコーヒースタンド、
Matsuo Nouen +Coffee。

僕はお店には行ったことないのですが、お土産で貰った、袋を開けた瞬間から漂う香りとスッキリした味わいのドリップ・バッグにすっかりハマってしまいました。

カンタン・美味しいコーヒーの淹れ方

まずは、お気に入りのコーヒーカップを用意。

僕はジャカルタのKOI Cafe Galleryで購入したブルーバードのイラスト入りのマグ (参照記事はコチラ)

続いて、ドリップ・バッグをセットして、豆が平らになるようにならす。

85℃〜90℃程度のお湯をコーヒーの豆全体が湿る程度に注いで、 20秒ほど蒸らす。このちょっとした時間が余裕のある休日の何よりの証。

コーヒー豆が溢れないような量で、ドリップ・バッグの中央へお湯を注ぎ続ける。

150cc程注いで、ドリップ・バッグを引き上げたら、おしまい。

あとは、本を読んだり、ボーっと外を眺めたり、自由に過ごすだけ。

松尾農園カフェへのアクセス

おまけ

さて、今日は何をして過ごそうか。